• 1 ●夏らしく 涼しさを 
    ★2017年8月
  • 2 ●早朝の蓮の花  
    ★2017年8月 
  • 3 ●過去の思い出、安曇野から 
    ★2017年8月 

撮影講座

Category : ひとり言

10月6日(日)
デジカメ写真レベルアップセミナー「お花のマクロ撮影」受講

教室の大画面に映し出された写真は見覚えのある写真
「この先生のような写真が撮りたい」と
女性のあこがれでもある、人気の先生「吉住志保」先生でした。
「ラッキー 今日は知りたい事沢山聞いてみよう」と思ったものの
短い時間なのでなかなかお聞きする事は出来ませんでした。

講座教室


被写体の花は、室内に置かれた幾つかの花瓶の花
思うような構図が撮れませんでしたが、後で先生の講評がありました。

1 少しボケている  2 ピントは合ったが 

3 黒い部分をカット
左上の白飛びがなかったらもっと良かったかな!


花の視線に空間を作る
花の向いている視線に空間を作る 3分割方法
この場合、空間にボケの被写体があると良いのですが、
バックは、ピンクの壁紙でした。




撮影についてのプリントはありません。
先生の話しをしっかり聞いて後で纏めて見ました。
光の取り入れ方で露出補正、
3分割法の構図を考えて花の向いている方に空間を付ける。
日の丸撮りが必ず悪い訳ではないので、日の丸撮りの良い構図とは・・
綺麗な暈しを撮るには・・・

大切な事は、
一つの被写体を一枚撮りで終わらないで、
露出を替え、撮る角度を替え何枚も撮って比較する。

勉強なるお話しを沢山聞いて来ましたが、実践になると中々生かされない、
忘れないために、備忘録として此処に記しておきます。



Posted by 風子ー07 on 08.2013   0 trackback

trackbackURL:http://kaze090707.blog46.fc2.com/tb.php/405-b95bcce1

プロフィール

風子ー07

Author:風子ー07
お気軽に、ノックなしでお入りください。

カメラ片手の気ままな散歩
いつかどこかで
貴方とお会いするかもしれませんね

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム